宇宙の果てとは?宇宙の謎に迫る!

なぜこの時代に?「黄金のスペールシャトル」

 

スペースシャトル画像

 

さて、そろそろ疲れてきたけんこれでオーパーツは終わりにしよか。

 

じゃ今度は何を紹介するの?ってことだけどもやな。

 

今度紹介するオーパーツもハンパやないけんね。これやがな!!

 

「黄金のスペースシャトル」。

 

いや〜これも大変素晴らしいシロモノですわ。

 

これはコロンビアの遺跡から発見された黄金細工。

 

最低でも紀元前500年以上前のものとされています。

 

地球上の如何なる既知生物にも類似しておらず、三角翼や垂直尾翼、果てはコクピットが確認できるものも見つかっています。

 

とまあこれもハッキリ言って、その時代にこういう乗り物が実在したか、またはよく宇宙から飛来していたかどっちかでしょうな。

 

それしか考えられへん。

 

これが私の答えですわ。

 

このスーペースシャトルに乗って古代人は宇宙旅行に行っていたかもしれませんな。

 

大体今の我々の前にも高度な文明をもった人類が存在したというのだって全然ありうる事なのですから。

 

このオーパーツも美術品としては、なかなかいい仕事してますよ。

 

 

 

 

 

場違いな工芸品「オーパーツ」とは

オーパーツ画像 発見された時代や場所とまったくそぐわない性能を持った遺物を「オーパーツ」と呼びますが、それらを作ったのは人類ではなく、他の惑星からやってきた宇宙人が当時の人々に超高度な技術を授けて手助けをしたか、もしくは宇宙人自らが作ったのだと主張する「古代宇宙飛行士説」とい...

≫続きを読む

「ギザの大ピラミッド」これは不思議だ

ピラミッド画像 まあせっかく「オーパーツ」の話をしたのですから、私が推奨するオーパーツを何点か紹介、検証したいと思います。私がこのオーパーを検証するなどは、長渕剛が昔の声で「順子」を唄う、もしくはダウンタウンととんねるずが番組で共演する、それほど珍しいことなので、耳をかっぽじ...

≫続きを読む

マヤ文明の遺物「バレンケの石棺」

石棺画像 宇宙人やらオーパーツなどの話をすれば、切っても切れない土地が存在します。それはどこでしょう?そうマヤですよ。マヤ。私もマヤについては幼稚園の頃から研究を進めてきました。まあ長くなるのでそれはまたいつかの機会に・・。さてそのメキシコにあるマヤ文明の古代都市遺跡「...

≫続きを読む

「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」

古代戦争画像 2000年以上前に書かれた古代インドの2大叙事詩である「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」では、飛行する機械に男たちが乗り込んで大規模な戦いをする様子や、「インドラの雷」という核兵器を想起させるような巨大な爆発の描写、そして現代にも通用する強力な武器なども数々...

≫続きを読む

これは正しく芸術品「水晶ドクロ」

オーパーツ画像 さあ次に紹介する私の一押しのオーパーツはですね、「水晶ドクロ」ですよ。いや〜これこそ芸術品。これを見ているとなにゆえ私が宇宙に魅せられ、そして研究してきたのか、また危険を顧みず、宇宙人との接触を何度と試しみてきたのか、その答えが分かるような気がします。まあそれ...

≫続きを読む

恐竜と人間は共存していた??

オーパーツ画像 アメリカのテキサス州、パラクシー川流域で、恐竜と人間が同一の時代に生きていたという足跡の化石が発見されました。人間と恐竜の足跡が同じ岩層、同じ岩盤から発見されたというのです。こんな記事を見た事があります。これは確かに宇宙博士の私への挑戦状だと正直思いましたよ。...

≫続きを読む

びっくり「ピリ・レイスの地図」

オーパーツ画像 まあ地図というのは大変便利なものですな。これさえあれば見知らぬ土地に行っても迷子にならなくてすみます。まあよっぽど方向音痴のかたにはナビがあってもダメでしょうが。まあそんな話はいいです。この地図にもオーパーツがあるんですよ。その名も「ピリ・レイスの地図」です。...

≫続きを読む

なぜ?「黄金のスペールシャトル」

古代戦争画像 さて、そろそろ疲れてきたけんこれでオーパーツは終わりにしよか。じゃ今度は何を紹介するの?ってことだけどもやな。今度紹介するオーパーツもハンパやないけんね。これやがな!!「黄金のスペースシャトル」。いや〜これも大変素晴らしいシロモノですわ。これはコロンビアの遺跡...

≫続きを読む

検証を終えて「オーパーツ」のまとめ

オーパーツ画像 さあ様々なオーパツなるものを何点か紹介してきましたが、皆さんの感想はいかがですか?「何が検証だ!!みんなクロじゃねえか!!」こう思ったあなた、まだ甘い。宇宙のさしすせその何たるかを知らん。いいですか?私はかく申す「宇宙人はいる」派です。しかもいる派の中でも限り...

≫続きを読む